2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジェニファー

IMG_3958.jpg
tanamiの耳のことで、メールもちょくちょく頂いたりご心配かけました。
脅威の回復力で耳はすぐに治りました!
(若干、やや詰まってる感があるけど・・)
やはり目前に控えてるものが大きすぎるので、病んでなんて入られない。
点滴ももう完了して、もうソロソロお酒も解禁。
(みんなにお酒を控え目にするようには言われてるけど、、、)
なので予定通りバリにも行ってくる。
今日は病院ではなく、銀行に軍資金を調達しに行ってきた。
皆さんよいGWを~。






今週はサクラがうちに来て2年になった。
2年間うちに居たというよりは、もっと長い間一緒にサクラと生活してきた感がする。
仕事のPCの壁紙もサクラんだし、いつも心は一緒のつもり。
IMG_3945.jpg
だいぶ前になるけど、サクラの壁紙に気づいたtanamiの上司が、サクラをずっとウサギと勘違いしてたらしく、最近になって漸く犬ということがわかってもらえた。
『なんて名前なんだ?』と聞かれて
『サクラです』って言ったら
『なんか~、もっとお洒落な名前にしろよぉ。そうだなー、例えばジェニファーとか、、、』
以降、サクラの壁紙を見る度に『ジェニファー』と呼ばれることになってしまった。
で、この上司、ちょっと前にtanamiの会社にフランス人(♂)が入ってきたんだけど、フランス人なんてとても珍しいから、tanamiもワクワクしてたら、案の定この上司、『名前はなんていうんだっ』、『目の色は何色なんだ』って聞いてて、最後に『ジェニファーか?』(ホントはデュアルさん、くどいけど♂)
ようは『ジェニファー』という言葉を使いたいんだってことが分かった。
その響きに一人で酔いしれてるだけである。(誰も止められない)
最近は、サクラをジェニファーと呼ばれてももう訂正をしていません。
スポンサーサイト

| [ワンコ]サクラ | 20:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生いろいろ

先日、ワインスクールのブラインドテイスティング大会でナンと、1番になった。
4種類のワインをグラスに注がれて、ブドウ品種、生産地、生産年を当てるといった大会で、参加7名のうち半数以上はワインエキスパートなどの資格を持たれた方で、資格を持ってないtanamiは品種、生産地、生産年に選択肢5つずつ用意されてたんですが、資格をお持ちの方はなしってことでハンデを頂き、品種と生産年は全て当てることが出来た。
何度かこの大会に出てもいつも外れて商品にありつけなかったため、今回は人数も少なかったこともあり景品にありつけた。やや目が潤んだわ。
IMG_3919.jpg

ワインパーティグッズです。
これでワインパーティも楽しくなりそう♪
今回は参加人数が少なかったこともあり、先生がオークションでゲットした75年のローザンガシーをあけてくださいました。
こんなに古いワインを飲んだのは初めてで、ワインは紫ではなく、レンガ色。ブランデーのような色、香りも味も今まで味わったものとは全く異なり、とても楽しめた。
ワインを2年やってて、この2年で今まで味わったことのない貴重な経験を沢山させてもらえ、また、ワインを通じて沢山の仲間を得て、この日は改めてワインに感謝し、ワインを習い続けててほんとに良かったって感じた幸せな日だった。

が、次の日は一転不幸が訪れた。

≫ Read More

| [日記] | 07:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素敵なお誘い

先日tanamiに以下のような素敵なお誘いを受けた。

IMG_3335.jpg

桜が咲き始めた今日この頃、皆様におかれましては、花見の準備で仕事どころではない、あるいはすでに脳内は桜で満開よ、といった状況の方々も多いと言っても断じて過言ではないと言えましょう。

さて、前回の連絡から雌伏すること数日間。
我々は理想的な歓送会を探すべく、昼夜を徹した真剣かつ誠実この上もない討論を重ねました。
我々は歓送会に要求される要素をおおよそ想像し得るあらゆる角度から分類し、比較し、検討し、分析し、体系化した上で解体し、統合し、脱構築化した後に再構築した。

しかしながら、我々の理想は、値段あくまで安く(死ぬほど飲み食いして100円程度)、料理あくまで旨く(高級料亭に匹敵する質)、場所あくまで近く(徒歩1分程度)、と言う若干の無理があるものであったため、該当店は地球上に存在せず、誠に遺憾ではあったが当初の理想から半歩下がって下記のような提案で妥協したのである。

**下記省略**

【備考】
カラオケを使った雅趣に富んだイベントとは?
歓送迎向け新作マジックはでるのか?皆の常軌を逸した破廉恥極まりない馬鹿騒ぎを期待している。


これを読んで、大笑いしてしまった。

でも、参加は、、、、、しません
だって、カラオケだし。
最後の備考はあながち冗談ではなさそうだし。(文章のほとんどは冗談なんだけど)
この素晴らしい?文章をtanamiだけのものにしておくのは勿体ないので、是非紹介したかったというか、笑ってもらえたかしら?

春はお別れや出会いが多い季節。
肝臓をいたわりながら様々な会に参加したい。

| [日記] | 07:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。