PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第3回みやこ会

tanamiは昨日はやや二日酔い気味だった。
月曜日にはもっとも楽しみにしてたみやこ会が開催。
午前様の帰宅で寝不足気味ですが、あいにく仕事をしてないので昼寝をして復活したものの何だかずーっと頭がボーっとしてた。

今回は『5大シャトーを飲んでみたい』ということで、一緒に習ってる酒屋さんが用意してくださいました。
1番の希望があの失楽園でブームを巻き起こした『シャトー・マルゴー』。
一緒に習ってる方も『死ぬ前に主人に飲ませてもらう約束をしてる』
って言ってたのが、死ぬ前じゃなくても飲めるってことで大興奮。
ただ、ソムリエの先生と協議した結果、ヴィンテージを重視して『シャトー・ムートン・ロートシルト』になりました。
マルゴーは次回のお楽しみです。
tanamiはどうせ死ぬなら『ロマネコンティ』をDANNAにお願いしてあります。
で、今回は97年もののムートンです。
IMG_1413.jpg

(ムートンは毎年ラベルを著名な画家に描いてもらってるということ。過去にはダリ、ピカソ、などのラベルがついたものもあります)

それでもって今回もお料理がすごい。

IMG_1415.jpgIMG_1416.jpg

前菜(蛍烏賊松前蒸し、オイルサーディン、柚子南蛮漬け、フルーツトマトとチーズ、白魚福沙玉子、蛤ガーリック焼き、鯵のなめろう)
それにあわせたシャンパン(H.BILLIOT Flis GCRU 1998)辛口で前菜ととてもあいます。
IMG_1418.jpgIMG_1417.jpg

続いてはお造り(初鰹、細魚、平貝、ネギトロ、あしらい色々)でお刺身をネギトロであえてあるお造りでした。
初めての食感でこちらもとても美味しかったです。
一緒に頂いたのがシャブリ(CHABLIS GRANDCRU LES CLOS)
シャブリでも樽熟成をさせているため、濃厚でバターやナッツ、はちみつの香り。
味も濃厚なので、ムニエルとかクリーム煮といったお料理に合いますが、今回のお造りにもマッチ。

IMG_1420.jpgIMG_1428.jpg

お料理は絶え間なくドンドン出てきます。
上がアスパラガスの握り(浅月で結び、上の赤いものが梅肉)、下が射込み丸茄子吉野煮(才巻海老、蒸穏元、卸し生姜)これは器になっている茄子ごといただけます。
とてもいいお出汁が出てて上品なお味です。

IMG_1421.jpgIMG_1425.jpg

いよいよ本日のメインのムートン(上)が注がれます。
対して、ブルゴーニュのヴォーヌロマネのワインと飲み比べます。
ただ、香りは断然ムートンのほうがすごい放ってます。
最初にデキャンタージュした時もかなりムンムンでした。
素晴らしいカシスの香りです。

IMG_1426.jpgあわせるお料理は当然お肉。
黒毛和牛のステーキでアンデンスピンクソルト、能登塩、バルサミコソース、からし醤油と4つの味を堪能しました。
お肉がとても柔らかくジューシーだったため、お塩が一番あいました。
モチロン、ムートンにもばっちりです。

IMG_1429.jpgIMG_1431.jpg

ここまで食べてまだ入るかって思うけど、もっともっと入ります。
tanamiはどちらかというと食が細いほうだけど、ここのお料理は完食しました。
上はじゅんさいであっさりと締め、お食事は鰻山椒造と九条葱の雑炊(山葵、針海苔)。
めったにお食事を食べないtanamiもこれはペロリ。
言ってみれば名古屋のひつまぶしの最後のお茶漬けを雑炊にした感じですね。
でも、あっさり。

IMG_1432.jpg最後にデザートで苺プリン、練乳パパイヤで終了。
こちらも甘さ控えめでほんとに美味しかったです。

今回の会のためにここの料理人さんが試行錯誤して、腕を振るっておもてなしをしてくださいました。
少し前に読んだ本に、気持ちの入っていない料理とそうでない料理には味に差が出る。という文面を思い出し、正直tanamiが今まで食べた中でもすごく気持ちの入ったお料理だったという印象です。
ワインを引き立て、旬のもの、全て多角的に完成されているお料理でした。
この会を開催する場所はお店ではないため、お店としてやって下されば繁盛するのに・・・って残念です。



続いて二次会。

ここはtanamiのワインスクールで紹介形式で入店が出来る夜21:30~チーズとワインのバーへ移動。

ソムリエの先生がサービスしてくださいました。
メニューにブラインドテイスティングという文字が目につき、じゃあ、これにしましょう。ということで白ワイン2種類、赤ワイン1種類と出されました。
最近正解率が悪いtanamiでしたが、今回は3種類とも正解することが出来ました。

IMG_1442.jpgIMG_1437.jpg

今回はtanamiたち以外にもお客さんが見えてて、なんと指揮者で有名な『小林研一郎』氏が。。。。
ご一緒されてたのが某企業の社長様で左のシャンパンはその社長様からプレゼントしていただきました。
すごくキリッとしたシャンパンで美味しかったです。

IMG_1445.jpgそして小林研一郎氏からもCDのプレゼント。
しかもサインをしてくださいました。
まさかここで世界的に有名な指揮者に会えるなんて夢にも思ってなかったです。

とても素敵な夜の締めくくりとなりました。
そしてこのワインスクールで素敵な仲間に会えたことを本当に感謝。
tanamiも更にワインの勉強を頑張ろうって思います。
でも、正直なところ習ってるって言うよりは、遊びに行ってる感覚なんですけどねー。
同じ仲間でこの4月からソムリエコースに入られて猛勉強している方も居るんですが、正直tanamiなんて働いてないからそれぐらい頑張ったっていいのに、自分の向上心のなさが情けなくなったりもします。
tanamiにとって今のところワインとは、娯楽なんですよね。
ただ、ワインを楽しむ為には知識が必要だなということは常々感じます。
スポンサーサイト

| [ワイン] | 16:09 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

お店ではない・・・って、じゃぁここはどこなんですか?
個人のお宅なんですか??
お料理は誰が作ってるんですか???
質問攻めでスミマセン。。。
すごいお料理ですね!気持ちのこもったお料理は本当に幸せになりますね。
私はワイン飲めませんけど、とっても羨ましいお仲間ですね☆
ちなみに大分にもワイン通(?)の人が居るんですが、その人のブログ、どう思われます??
私、ワインのことわからないのでここに書いてあることは本当なのか?!といつも半信半疑なんです。
ちなみにココ↓です。
http://blogs.yahoo.co.jp/mantokuittoku

| emy | 2007/04/25 19:10 | URL | ≫ EDIT

emyさん
ここは某企業ビルの社員食堂の個室です。
お料理はここ専属の料理人さんで有名な料理店で修行をしてこられた方ばかりです。
ワインスクールで一緒になった方でこちらの会社の役員の方がいらっしゃって、それで毎回使わせてもらってます。
お友達や旦那様とどうぞって言われたので、いつかはemyさんやkomakoさんを連れて行きたいです。
お料理だけでも満足できます。

ワイン通のブログみました。
とても高級なワインばかり飲まれてますね。
お料理もそれと同等のものを召し上がってるようですが。
今回tanamiが飲んだムートンより更に高いムートンが出てきたし。
表現的には本当だと思いますよ。
若輩者のtanamiが言うのもなんですがね。

| tanami | 2007/04/25 19:38 | URL | ≫ EDIT

うわぁ・・・なんて美味しそうなんでしょう・・・。うらやましい♪
味はもちろん、盛り付けって料理の重要なポイントですよね。料理人のセンスが光ってます。そして、ムートンのラベルも素敵。

私も、おいしい食事に合わせておいしいお酒を楽しむのが好きなので、食中酒である日本酒とワインが好きなんです。去年は某ワイン講座に通っていました。(tanamiさんのブログを読んで思ったのですが、ひょっとしたら同じ師匠かもしれません・・・)

今はワインの勉強をちょっとお休みして日本酒講座に行ってるのですが(同時に二つは経済的にきびしいので^_^;)、またワインも勉強したいなあ。

って、ただののんべですかね、私・・・(^^ゞ

| りえぴぃ | 2007/04/26 15:42 | URL | ≫ EDIT

りえぴぃさん
ひょっとして、高岳にあるところですか?
ならば同じです。
是非復活してください!
tanamiはどっぶりはまってしまったし、楽しい仲間とも知り合えて、もう抜け出せなくなってしまいました。
確かにお酒を習うのはお金がかかりますよね。
結局ワインも飲まないよりは飲んだほうが理解が深まりますし、日本酒だってそうですよね。
日本酒はtanamiは急性アルコール中毒になってしまったことがあるため、以来、飲めません。
ここのお料理はホントに絶品なんですが、特別な時しか食べられないので、お店を出せばいいのになーって思います。

| tanami | 2007/04/26 20:18 | URL | ≫ EDIT

ヤツのブログ、見に行って頂いたんですね。
お手数をお掛けいたしました。
文章がちょっとカチンと来ますが、彼の書いていることに間違いは無いとの事ですね!
これからは疑うことなく読んで行きます。
ありがとうございました♪

| emy | 2007/04/28 21:18 | URL | ≫ EDIT

emyさん
お知り合いじゃないんですね?
ワインスクールには彼のような方もいらっしゃいますよ。
だから、ワイン好きってことで偏見を持たれる人もいるんでしょうね。
ワインには興味があるのでtanamiもこれを気に読んで行きますね。

| tanami | 2007/04/29 20:42 | URL | ≫ EDIT

小林氏の隣で手を後ろに組んで写っているtanamiちゃんが、
いつものtanamiちゃんポーズで微笑ましいわん。(笑)
そして最近思ったんだけど、
tanamiちゃん、写真撮るのが
べらぼうに上手くなってなるよ。
料理の写真とか特になんだけど
雑誌に載ってる写真みたいな時もあるんだよ~。

| まゆみ | 2007/05/06 15:19 | URL |

まゆみさん
いえいえ、隣に移ってるのはtanamiのソムリエの先生なのよ。
tanamiと同じ歳だけど、素敵な先生で憧れなの。
写真はカメラを変えたってのもあるけど、食事を撮るのは慣れればそう難しくないかも。
サクラと違って食事は動かないしね~。

| tanami | 2007/05/06 16:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tanami73.blog47.fc2.com/tb.php/185-fda6ed70

TRACKBACK

[ アマノフーズのスープ ] かに雑炊(6食入

かにのほぐし身の豊かな旨味を和風だしで仕上げた雑炊です。本格派「料亭の味」をお楽しみください。わずか80kcalですので、ダイエット中の方にもおすすめです! 具 材精白米、鶏卵、かに、チンゲン菜、ねぎ エネルギー80kcal 食塩相当量1.8g 内 容 量6食入り 賞味期限製

| お茶漬け・雑炊の日 | 2007/08/11 19:50 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。