PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【フランス3日目】アラン・エスでチーズランチ

日本も漸く暖かくなって、(個人的にはまだまだ暑さが足りないけど、、、)夏に向けてプランを練りたいところだけど、この春の散財もあり余り夏にかける予算はない。
一応、、、、お盆も会社やってるんで、夏は地味に仕事でもしようかと思ってます。

で、まだまだ続くフランス。
まだ3日目の昼。
大雨の中、3日目のお昼はボーヌのチーズ専門店の『アラン・エス』で試食兼お食事。
IMG_2308.jpg
とっても美味しそうなチーズがわんさか並んでる♪



お店はボーヌの中心部。
IMG_2287_20100605130134.jpg
チーズ以外にも、ハム、各種お酒(ワインも)、日本でいう成城石井よりもっと高級な食材店といった感じ。
それでも日本の成城石井よりはお安い。

IMG_2307_20100605130410.jpg
冒頭でもご紹介したけど、ホントにチーズがケーキのよう。
何人かの人にこちらの写真を見せたけど、『何?ケーキ?』って反応もあり、素晴らしいデコレーション。

IMG_2288.jpg
で、tanamiたちはお店の奥で試食。
素晴らしいと思ったのは、一番美味しく食べられる状態(温度)を計算して、事前に予約時間に合わせてチーズをカットして出してくださるところ。
そして、こちらのソムリエさん(結構有名な方とのこと)の説明を聞きながら試食。

IMG_2309.jpg
と、その前にチーズのお供をお店の中から物色。
そういえばブルゴーニュの普段飲みの定番アリゴテ飲んでなかったなーってことでブーズロンのアリゴテさんでチーズを頂くことに。
このワインとっても爽やかで美味しかった♪

IMG_2304_20100606104940.jpg
まずはこちらのお店オリジナルの『デリス・ド・ポマール』をいただくことに。
この外側の粒々は粒マスタードの殻だそう。(ブルゴーニュはマスタードの産地でも有名なんでこの組み合わせは納得)
中はブリアサヴァランに似たトリプルクリームのフレッシュなチーズ。
マスタードの味はほとんどなく、若干ピリっとする程度。
バケットと一緒に食べると美味しい。

IMG_2312_20100606105551.jpg
こちらはデリス・ド・ポマールと同じ製法だけど、粒マスタードの替わりにカシスの芽が入っているもの。
よくボルドーワインを飲むと『カシスの香りがする』って表現するけど、tanamiはコレを食べるまでカシス=カシスソーダのリキュールの香りって思っていたけど、こちらを食べて、ああ、ボルドーワインのスーッとした香りはカシスの芽のまさにこの香り!ってすっごく思った。
納得。
カシスの概念が覆されました。

IMG_2300_20100606110234.jpg
で、今回食べた中で一番美味しかったのがこちらのエポワス。
状態が素晴らしくよかった。多分今まで食べたエポワスでも1番だと思う。

その後、こちらのソムリエさんといろいろと談笑。
リキュールについてお話を聞いたりして、なかなか興味深かった。
こんな素敵なお店が日本にもあるといいんだけどなーって思いながら、12:15でお昼休みに入ってしまうのでサッとお店を後にした。

あいにく雨が降っていて、、、これからどうしようって感じの3日目の午後。
とりあえず、この後は定番のオスピス・ド・ボーヌへ観光に行きます。

続く。
スポンサーサイト

| [旅]フランス | 11:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。