PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【フランス3日目】DOMAINE BACHELET JEAN-LOUIS

まだ、フランス旅行記も3日目が終わっていなかった。
で、コートドール最南端の村マランジェへ。
これでコートドール最北端のシャンベルタンから最南端のマランジェまで駆け足で制覇したことになる。

IMG_2416_20100711132028.jpg
のどかな牧場と美味しそうなシャロレ牛。
ガイドのMさん家のお隣の牧場。
こちらで牛を見てお茶をいただいたところで、Mさんのご主人がお勤めのマランジェのドメーヌ『DOMAINE BACHELET JEAN-LOUIS』へ行くことに。
ブルゴーニュでは最後のドメーヌ訪問です。



実はこのときtanamiの体調は絶不調。
時差ぼけで睡眠不足が続いていたのと、後は気温差。
前日まではとっても暖かい日が続いていたのに、急に寒くなって、おまけに油っこい食事が続いていたりで車にも若干酔い気味だし、何だか気分が悪い。
でも、次はいつ来れるか分からないし、頑張って最後に見学しなきゃって。

IMG_2446.jpg
ガイドのMさんのお宅からはすぐのところでした。

IMG_2458.jpg
でも、ここに来たら若干元気に。
こちらのドメーヌの息子さんが超イケメンだったから。
かなりテンションあがってしまった。
家族経営で、Mさんのご主人もお勤めってことでお初の樽飲みをさせていただいた。

アルコール発酵が終わったばかりのもの。→炭酸が残ってて酸っぱい。
マロラクティック発酵が終わったばかりのもの。→味がまろやかになるけど、物足りない。
同じワインでも樽の種類が違うもの。→樽の内側のトースト加減でもかなり味が変わる。
など。
これは貴重な体験をさせていただいた。

IMG_2468.jpg
ブルゴーニュは単一ブドウ品種でワインを作るため、樽から直接瓶詰めかと思っていたけど、美味しく作るために複数の樽をこちらの機械に入れてブレンドして、その後瓶詰め。
よく、新樽率何パーセントとか聞くのは、複数の樽をブレンドさせていることが多いからってこと。
その理由にワインに複雑さを出すためってこと。
モチロンいいワインなどは新樽100%のものもあるけど。
なるほどー。確かに樽から直接飲んだものは複雑さがなかったかも。

いろいろと勉強になって、おまけにイケメンだし、最後にこちらのワインを購入。
IMG_3231.jpg
マランジェ1Cruを2本、ポマール1cru、シャサーニュモンラッシェ。

IMG_2465.jpg
そして、イケメンと最後に写真撮影。
この日というか、フランス旅行で一番の笑顔。

この後、いよいよシャニーにある三ツ星レストラン『ラムロワーズ』に。
長くなったんで、続きは次回。
スポンサーサイト

| [旅]フランス | 22:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。