PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【フランス3日目】ラムロワーズ

梅雨が漸く明けて、ガンガンに暑い日が到来。
tanamiはこれからの夏本番の暑さがとても好きなので、とっても嬉しい♪
だけど、最近は夏の予定がなく、どこにも行かない自分が寂しかったりする。
海外旅行は暫くはいいけど、温泉には行きたいなーって思う今日この頃。
今、注目してるのが山形のこちらの温泉。
新幹線代がかなりかかってしまうけど、すごーく行きたい今日この頃。

さて、フランス旅行記、実はまだパリの記事もシャンパーニュの記事もあったりして、まだまだかかりそう。
なので、この3連休も沢山遊んだけど、フランス旅行記を続けることに。
いよいよ3日目の夜の三ツ星レストラン『ラムロワーズ』へ。
IMG_2469.jpg
先に訪れたブルゴーニュのマランジェ村から車で15分。
本日はこちらでお泊り&お食事を楽しみたいと思います。


IMG_2471_20100719215325.jpg
お部屋に通されてまず窓から見えた景色がこれ。
こちらは街の中心部にあり、街が一望できる。

IMG_2474.jpg

IMG_2475.jpg
お部屋の感じもブルーの色調で統一されていて素敵。

IMG_2476.jpg
ウェルカムの焼き菓子もすごく美味しそう♪
だったけど、tanamiはこの時ホントに絶不調。
時差ぼけと寒暖の差、車酔いなど重なり、正直、お食事を楽しめる体調ではなかった。
もう一人誰か居れば、、、tanamiは絶対にキャンセルしてたと思う。
けど、DANNAも一人になってしまうし、ここまで来たからには、ってことで着替えてレストランに行くことに。
おまけにドレスコードもあるし、tanamiはこの日のために日本から着物を持ってきてた。
帯がキツイけど、他にかわる着替えもないので、無理無理着物を着ることに。

IMG_2479_20100719220050.jpg
まずはアペリティフのシャンパンと共におつまみ。
こちらは小ぶりだし、美味しく頂くことができた。

IMG_2486.jpg
こちらは冷製のピスタチオのスープ。
飲みやすく美味しい。

が、ここから段々自分が辛くなっていく。
IMG_2489.jpg
tanamiは調子が悪かったので前菜+メインでオーダしようと思ったけど、前菜ももう辛い。
ってことで、サラダを出していただいた。
けど、この量が結構すごい。
申し訳ないけど、全部食べられなかった。

IMG_2490.jpg
DANNAは魚のポワレをオーダー。
もう少し皮がパリっとしてると良かったそう。

IMG_2493.jpg
続いてtanamiのメイン。
オマールエビとなんとかのソース。(忘れちゃった)
でも、こちらでハーフサイズ。
正直、体調が悪いのに着物ってことが非常に辛く、食事に集中できないし、口当たりも体調が悪いtanamiにとっては重くって、結局少しいただいて残してしまった。

IMG_2495.jpg
DANNAのメイン。
ウサギのお肉とフォアグラの何とか・・・。
結構なボリュームでコッテリしてたとのこと。

IMG_2496_20100719220950.jpg
続いてデザート。
正直、もう早く部屋に帰って横になりたいってぐらいだったけど、状況的に席をたてず、、、。
デザートはいいです。ってお断りしたら、『マダムもこちらなら少しの量だしいただけるよ』って。
確かに軽くスッと入って美味しくいただけた。
でも、tanamiはこちらで最後でした。

IMG_2497_20100719221408.jpg
DANNAのデザートが出てくる前の焼き菓子。
こちらも美味しかったそう。

IMG_2499.jpg
DANNAのデザートのクレープをグランマニエでフランベしてる様子。
パフォーマンスも迫力ある。

IMG_2500_20100719221550.jpg
で、こちらがクレープ。
キレイにその場で盛り付けされる。

IMG_2503_20100719221646.jpg
付け合せのアイスクリーム。

そして
IMG_2502_20100719221657.jpg
またもや焼き菓子。
さすがにDANNAもお腹一杯でこちらは入らなかったよう。

tanamiもデザートやチーズも頂きたかったし、もっとワインも飲みたかったけど、全く入らなかった。
そんなtanamiの様子をレストランのギャルソンはよく見てとても気を使ってくれた。
それが返って申し訳なかった。
本当は、三ツ星レストランって一生の思い出にドレスアップして最高のお食事を楽しむって思ってたし、それが出来なかったのが残念で、ショックで、その日は調子が悪いのに一睡もできなかった。

ただ、フランスで頂くフランス料理、日本で食べるフランス料理はやっぱり違う。
自分の口にあうものは、人それぞれだと思う。
今回思ったのが他のレストランともっとも違うのはギャルソンのサービスがとても素晴らしいと思った。
言葉が苦手なtanamiたちにはとってもゆっくりの英語で話していただいたり、体調の悪いtanamiにとても気遣ってくれたし、着物でレストランに行ったtanamiにとても感謝をしてくれたり、、、食事は堪能できなかったけど、そういった素晴らしいサービスは十分堪能できた。

次回は漸く4日目へ。
漸くパリに向かいます。
スポンサーサイト

| [旅]フランス | 22:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。