PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【フランス5日目】シャンパーニュ G.Hマム

連日ハードに動き回っていたフランス旅行。
ずっと時差ぼけで辛かったけど、5日目にして漸く時差ぼけが解消。
すっきりお目覚め。
現地旅行会社を利用して日帰りシャンパーニュツアーに行くことに。
日本語の説明でなきゃわからんし。
まず、1軒目のメゾンはF1の公式スポンサーのGHマム
F1のグランプリシリーズで優勝した時、お立ち台から選手がシャンパンをバーーーーッと降り掛ける際に使用されるシャンパンがこちらのコルドンルージュです。
IMG_2867_20100808130606.jpg


パリから2時間弱でランスに到着。
ランス市内にGH.MUMM社がある。
この向かいがフジタ礼拝堂、日本人の画家藤田嗣治のフレスコ画か描かれていることでも有名なんだけど、ツアーなんで観れなかった。。。

IMG_2792_20100808131346.jpg
まず玄関。
豪華な絨毯とピラミット状に積み上げられたシャンパンの瓶。
シャンパンは贅沢な飲み物ってイメージがこういうところからも伝わってくる。
シャンパーニュはフランスでもワイン畑としては2%という少ない面積から作られる手間ひまかけた飲み物。
これを聞いた直後は、もっと味わっていただかないとなーって思うけど、いざ出されるとがぶ飲みしちゃうんだよね。。。いつも。
この日、通常15人でまわるところを日本のGW期間(パリのお店も日曜日でクローズ)ってことで33人でまわることに。
結構きつかった。

IMG_2800.jpg
地下の見学通路より、まずはブドウの樽。
シャンパーニュのグランクリュ17村別にブドウが分けられているってこと。
その前に、ブドウの品種別にも分けられる。
シャンパンは3つのブドウ品種(ピノムニエ、ピノノワール、シャルドネ)で作られているけど、シャルドネのみは搾り汁を使用して、あとの2品種はブドウを踏んだ汁を使うってこと。
そして、ピノムニエ比率によって味が変わるってことで、このピノムニエが沢山入っているシャンパンは田舎の味がするってフランス人のガイドが言ってたけど、、、田舎の味ってどんなん?

IMG_2812.jpg
続いてかつての熟成庫。
中がタイル張りになっているのが分かるけど、かつては温度・湿度の管理がタイルのためできなかった。
ここに17村のブドウ汁を入れてブレンドさせ、GH.マムのシャンパンの味を作る。
毎年、均一メゾンの味を出すために年によってはブドウ品種の比率を変えたり、試行錯誤するとのこと。

IMG_2828_20100808132448.jpg
続いて、瓶詰め後、瓶内二次発酵後、発酵時に出る澱をどのように取り除くかっていう様子を説明。
瓶を回しながら、角度を高くして、澱を瓶口に貯めて行くんだけど、tanami自身、この辺りはワインエキスパートの試験の際に一通り覚えたけど、改めて現場でそれを説明され、理解が深まりました。

IMG_2845.jpg
続いてはマム社ご自慢のセラー。
シャンパンのシャンゼリゼ通りと呼ばれる400mの大通り。
マム社は全長で25kmものシャンパンが地下のセラーにあるってことで、この地方が世界で一番土地が高いって言われるのも納得。
ちなみにこの通りだけで3億円ものワインが眠ってる。
地面を掘ればシャンパン、すごい土地だわ。
ちなみにこの中激寒。

いい加減喉が乾いてきたし、シャンパン飲みたいなーって思っていたらお待ちかねのテイスティング。
IMG_2861.jpg
1杯ついてきます。
ブリュット(辛口)、ドゥミセック(やや辛口)と選べます。

今回はDANNAも居たので2種類飲み比べ。
IMG_2863.jpg
手前がブリュット、奥がドゥミセック。
ブリュットのほうが色が淡いかな。
空きっ腹ってこともあり、今回はドゥミセックのほうが美味しく感じた。
いつもブリュットばかり飲むけど、ドゥミセックもなかなかいいなーって思った。
おかわりも有料で出来るけど、まぁ、敢えてせず、シャンパンも買わず(ここで買っても、他で買っても余り値段が変わらない為)メゾンを後にして、次はシャンパンの王道モエ・シャンドン

の前にランスのノートルダム寺院へ行きます。

続く。

スポンサーサイト

| [旅]フランス | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。