PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チーズ万博

突然秋の気候になっても、至って元気に過ごしてます。
9月の飛び石お休みでは家でワインパーティーしたり、映画『海猿』を観に行ったり、お買い物したりと結構充実の日々。
そして昨日一昨日とでワイン&チーズのK先生と東京に行って来ました。
その前に東京の友達が名古屋に来ていたため、Sampleさんと東京の友達と飲茶ランチ。
酒好きなのでもちろんお酒は欠かせません。
すごく名残惜しかったけど、tanamiは途中で退席して新幹線で移動。
と、新幹線改札入ったところで、お笑い芸人アジアンを発見。(若干興奮)
でも、そのまま新幹線に乗り込み、東京駅でK先生と合流して行って来ました。
チーズ万博
飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントでの開催。
IMG_8476.jpg
パルミジャーノレッジャーノ。
他にも沢山のチーズとワインが試食&試飲し放題♪


が、ホントにすごく盛況で人・人・人。
なかなか本丸であるチーズやワインにたどりつけない!
外国のブース、日本ブース、お食事系ブース、デザートブースといった具合に分かれていたため、まずは外国ブースから攻めて行きます。(てか、大半ここに居た気が、、、するんだけど)
まずワイン飲まないとってことで、手っ取り早く甲州のスパークリングを頂き、その後、しばらく泡ものをちょこちょこ飲み歩き、何とか入り込めそうなブースを狙いチーズの試食。
普段食べられるものよりは変わったものが食べたいってことで、色々見て歩いていると
IMG_8477.jpg
こちらは水牛で出来たチーズ。
水牛といえばモッツアレラチーズ。
水牛でハードタイプや青かびタイプ、はたまたウォッシュも。
ウォッシュはタレッジオのようでなかなか美味しかった。

IMG_8479.jpg
こちらはブルガリアのチーズ。
琴欧州関の写真が置いてあってある意味わかりやすい^^
チーズといってもギリシャチーズのフェタのようで熟成させず、フレッシュなチーズを塩漬けして、サラダにして食べるといった感じ。
ここではブルガリアのワインも頂いたけど、酸味や渋みがあまり感じられず、tanamiなりの表現で土っぽい。

IMG_8487.jpg
アメリカのブースではこのドライモントレージャックが濃厚で美味。
本来はもう少ししっとりしているけど、熟成させてかなり水分がなくなってまるで熟成したゴーダーチーズのよう。
コクもあったし、個人的に好きなタイプのチーズ。
日本ではなかなかお目にかかれないかもなー。

IMG_8484.jpg
後、日本のブースで出会ったのが日本のチーズの祖先『蘇』
牛乳を煮詰めて固めたもの。
仏教伝来時期に大陸より日本に入ってきた当時は超高級な食べ物で、当時は貴族や一部の特権階級の人にしか口にできなかった。
こちらも頂いてみるとほんのり甘くて、ミルクの味があとからふわ~っとする。
お菓子ね。
嘗ては高級品でしたが、現在は1200円で売られてた。

その後、日本のフレッシュチーズを頂いた時に、蜂蜜がほしいよね?ってことでチーズに蜂蜜をかけてもらうため、蜂蜜屋のラベイユさんのブースへ行くことに。
ここで熊本みかんの蜂蜜を頂いたらすっごく美味しくって!
もっともっと他のも垂らして貰い、3個セット\2,000を買いました。
IMG_8518.jpg
右からローズマリー、アザミ、クローバー。
これからしばらくはチーズのお供として楽しもう。

散々楽しんで気づいたら2時間経過してた。

その後、銀座のワインバー『シノワ』へ。
大人のいい感じのお店で更に飲んで、ビタミン補給のため野菜を食べて、酔っ払ってさっさとホテルで寝てしまい東京での1日が終わりました。

翌日に続く。。。
スポンサーサイト

| [チーズ] | 13:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。