PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

元気そうにみえても

この3連休、特に何もせずサクラとのんびり過ごしてた。
IMG_4151.jpg
元気そうだったんだけど・・・



以前、記事にも載せたサクラの膀胱炎らしきもの
何気に以前ほどでもないけど、1回あたりのおしっこの量が少なかったり、おしっこをした後何度かおしっこは出ないけど、おしっこをするしぐさをしたり、時には失禁したり、、、。
ただ、元気だしご飯も食べるし、前ほどでもないから様子見できてたけど、この3連休、お芋を食べたことを皮切りに、1日に何度も嘔吐した。
そして連休明け、ペットシートに2度ほど嘔吐した形跡があったのでこれはもしかすると膀胱炎と関係してるかもって思い、病院に連れて行くことにした。

症状を説明したら、『嘔吐にしては回数が多いし、まぁ失禁するってことから膀胱炎が疑われるので、最低尿検査と血液検査はやったほうがいいですね。』ってこと。
そして『今からお散歩に行っておしっこ採取してもらえますか?』
ってどうやって?って聞いたら白い箱を渡されて、これに入れて持ってきてください。とのこと。
うーん。うまくいくかなー?やったことないし、でも、やれないと尿管にカテーテル入れて採取になるから犬に負担がかかるよね?ってことは容易に予想がついたので、とりあえずがんばって採ってみようってことでお散歩に。
芝生を見つけたらすぐにおしっこポーズをしたので、すかさず踏ん張ってる後ろ足の間に箱を入れたら、ナイスキャッチ。
その後、散歩は強制打ち切りで病院に戻っておしっこを渡して、サクラも1日検査でお預かり。

その後、tanamiは会社に行ったけど、気が気でなく、、、夕方、引き取りに行ったところすごい人で結構待たされて夜8時過ぎにようやく検査結果。
検尿は案の定膀胱炎の症状だった。
尿結石の元にもなるストラバイト結晶が出ていて、PHが基準値を超えていた。
それに伴い、投薬とPHコントロールの餌を食べることでこの結晶はなくなるとのこと。
このPHコントロールの餌、うわさには聞いてたけど高いし、ずっと食べ続けないとすぐにまた病気が発症するし、聞いた時は『あぁ、きたかー』って感じだった。

でも、今回もうひとつ引っかかったのが軽度ではあるけど増帽弁・三尖弁閉鎖不全症という心臓の弁の働きがいまひとつという病気。
この症状がひどくなると肺水腫になるとのこと。
この心臓疾患は治ることはなく、症状が進行すると運動を制限したり、投薬し続けないといけなくなったりということになるとのこと。

今回の受診にあたり検査種類についてはすべてtanamiが決断しないといけなかった。
個人負担がそれなりにかかるってこともあるからだと思うけど、どこまで検査するか、、、、投薬だけで様子を見てもとも言われたけど、色々と考えた結果、犬ドッグを行うことにした。
来週、サクラをDANNA両親に預けて旅行に行くってこともあり、その時になにかあってもいけないと思ったし。
でも、本来自覚症状が出ている膀胱炎はまだしも、膀胱炎に関係のない超音波検査をしなければこの心臓疾患はわからなかった。
今回、犬ドッグやってよかったとホントに思った。(高かったけど・・・)
しかし、、、サクラはこれから2ヶ月後に再度検尿、その後半年に1回は超音波検査とあわせて検尿検査が必須となってしまった。

サクラも来月で5歳になる。
元気そうにみえても、動物はしゃべらないからわからない。
これからはこの病気と死ぬまでお付き合いになるけど、出来る限り気をつけて1日でも長生きしてもらおうと思う。
知らないで突然死んでしまうのはtanamiも悲しいし、その時に検査をしなかったことをすごく後悔をすると思う。
ペットの健康が飼い主の孝行とは言ったもんだと思う。


IMG_4070.jpg
今日は一日お疲れ様。
スポンサーサイト

| [ワンコ]サクラ | 23:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。