PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パスタの基本

先日ってかもう2週間以上も前の話なんだけど、、、久々にイタリア料理教室に行って来ました。
DSC_0327.jpg
基本の4種類のパスタをつくりましたが、これが一番パスタでも難しいアリオリペペロンチーノ。
今回はパスタのゆでるお水の量、塩、全て厳密に計量して作りました。


パスタのゆで汁は一人分でも2リットルは必要。
後は1人分増えるごとに1リットル増やしてゆでる。
お塩も1リットルに付き10g。
しかも沸騰してから塩を入れることで沸点が上がって美味しいパスタ麺になるってこと。
実際に自宅でもやってみたけど、全然美味しさがこれだけでも変わります。
後は、パスタのゆで時間の1分前にパスタを引き上げるのですが、その後ソースと絡める時には火を切ること。
火を入れながらパスタをあえるとアルデンテにならないってことだそう。
非常に今回は勉強になった。

後、作ったものは
DSC_0328.jpg
スパゲッティ アボガート
生のトマトを使ったパスタ。
先のアリオリのペペロンチーノの応用編。
というかこっちのほうが簡単。
トマトソースはごまかしが利くから。

引き続き、
DSC_0329.jpg
きのこクリームのリガトーニ。
この太いショートパスタをどうやって使うんだろうっていつも思っていたけど、こうした濃厚なソースとあわせるんだそう。
今回はブラウンマッシュルームと一緒に生クリームを和えて濃厚で美味しかった。

最後にtanamiが最も知りたかったパスタ
DSC_0330.jpg
カルボナーラ。
イタリア語で炭焼き職人風って意味だそう。
いつも失敗してたパスタ。
カルボナーラもイタリアでは生クリームを入れず、卵とオリーブオイル、パルミジャーノで作るって事。
卵が凝固しないように、卵のソースを作るときはフライパンは人肌程度の温度でとのこと。
なのでフライパンを触って卵の入れるタイミングを計ってた。

DSC_0331.jpg
最後にドルチェ柿とパイナップルのスムージー。
こちらは柿とパイナップルをミキサーでかけて終わり。

今年の教室はこれで終わり。
また来年も絶対に通おう!
スポンサーサイト

| [グルメ]お料理 | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。